YUIリクルート

YUIの人

工事課

林 直輝

2018年入社

  • 建築業界を志した理由は?

    もともとインテリアに興味があって建築が学べる大学に進学しました。大学では設計課題をこなしたり、実際にさまざまな建築を見に行ったりすることで、より建築が楽しいものだと思うようになり、建築の仕事に就きたいと考えるようになりました。住宅建築を選んだ動機は、私たちにとって最も身近な建築が住宅であり、安心できる場所が住宅なのではないかと考えたから。また、住宅建築は利用者の顔が見えるので、より住む人に寄り添った建築ができます。ちなみに趣味は、建築写真を撮影したり見ることです。

  • YUIを選んだ理由は?

    数ある住宅会社の中でも、デザイン性のある住宅を創っているからです。また、私自身大学で建築デザインについて学んでいたため、よりデザイン性のある住宅づくりをしていきたいと思っていました。そして、YUIの社員一人ひとりがデザインに関してそれぞれの価値観があり、こだわりがあり、より良いものを創りたいという想いが強く、その想いに引き寄せられました。

  • 建築の仕事のおもしろいところは?

    たくさんの建築がありますが、全く同じ建築物はありません。仕様や納まりを変えることで見た目もデザインも変わるため、その都度プランや仕様などを自分で考え、それがうまくいくとおもしろく感じます。設計志望でしたが、先に工事課を経験できて良かったと思います。それは図面ではわからない基礎や、部材の納まりなどを現場で目の当たりにできるからです。これは将来、設計の仕事をするときにかなり役に立つと思います。

  • 嬉しかったこと、辛かったことは?

    ひとつの建築を創りあげるには何度も苦しく感じることはありますが、喜ぶお客さまの姿を見ると嬉しくなります。また、何度も試行錯誤を重ねて住宅が完成した際にも、それがあったからだと思えます。YUIでは一棟一棟、異なる注文住宅を創るため、その都度、その家に合わせた段取りをしていかなければならないので大変です。また、新型コロナウィルスの感染拡大や、大雪の影響により住宅設備や建築材料が現場に入ってこないことも大変でした。

  • いつも仕事で大事にしていることは?

    お客さまにとっては一生に一度の住宅建築となりますから、利用者の立場になって見た目、使いやすさを考えます。いつも仕事で大事にしていることは、利用者(住まい手・お客様)目線になって家づくりをすること。あとは現場の職人さんとのコミュニケーション。仕事の目標は、よりデザイン性の高い建築を創ること、お客さまの要望以上のものを創ることです。

  • あなたにとって建築とは?

    想い、そして想いをつくる現場。一つの建築を完成させるのにも、いろいろな人の思いが込められて造られていきます。その建築を利用するお施主さまの想い、その想いに応えていい空間にしようとする設計者の想い、またその想いに応えようとする現場管理や職人の想い。いろんな人の想いが、かたちづくられていく現場が好きです。現場がうまくいかなければ、建築は成立しませんから。

  • どんな人にYUIに入社して欲しい?

    いいものを創りたいという想いがある方、デザイン性に関しても向上心がある方ですね。部署や年齢関係なく意見交換ができる会社なので、どのようにしたらよりよく見えるか、デザイン性の高いかっこいい建築を創ることができるのか一緒に考えたい。創っていてワクワクするような建築を創りたい。

お問い合わせ
インターンシップ募集

ページトップ